家事代行サービスを利用する【社会進出が進み夫婦共働きが当たり前】

MENU

利用する時のコツ

女性

意思の疎通が大切

家事代行サービスを利用して、クリーニングをお願いするというのはとても良い方法です。やはり素人がやるのに比べると、プロの手によって行われたクリーニングの方が、圧倒的に出来が良いからです。ただし、家事代行サービスを依頼するのであれば、気をつけておきたいことがあります。それは利用者の希望を明確しておき、そのことを確実に家事代行サービスのスタッフに伝えおくということです。それを軽視してしまうと、予想外のことが起こるかもしれないので、面倒でもきちんとやっておかなければいけません。具体的にはまず、家事代行サービスのスタッフには、入って欲しくない部屋や、触れられたくないものを言っておきましょう。口で説明しても良いですが、ドアの前に張り紙をしておく、あるいは見取り図を描いて印をつけておくなどの工夫があれば、間違いが起こりにくいです。それから自分なりのやり方がある人も少なくありません。例えば家具の材質によって傷つきやすいものがあるなら、柔らかな布で拭くなどといったことは、細かく伝えます。それと同時に、使用してもらいたい道具などは事前に用意して、さらに使い方も説明しておくと親切です。それ以外にも、家事代行サービスのスタッフが到着したら、身分証明書を見せてくれるようにお願いしましょう。何も言わないと、簡単な挨拶だけで作業を始めてしまうケースもあります。もしそうだと、知らないうちに部外者が侵入している可能性もあるので、社員証くらいは確認したいところです。